グルメを堪能すて食を思いっきり楽しみましょう

代用できる

居酒屋をレストラン感覚で利用するときの注意

古い時代の居酒屋はサラリーマンが仕事帰りにお酒を飲む場所という印象が強いものでした。しかし、最近では老若男女を問わずお酒を楽しむようになったと共に、食事を楽しむ文化も広まってきました。そのため、居酒屋も多様化を進めてまるでレストランのようになってきています。料理の種類やお店のデザイン、お酒のラインナップ等で他店に差を付けているのです。 このため、レストラン代わりに利用することもできるようになってきたのが居酒屋です。しかし、気をつけなければならないのは席料やサービス料、そしてお通し代がかかるケースがあるということです。サービス料に関しての告知がなかったり、お酒を飲まなくてもお通しを供されたりしまうこともあり、それが意図にそぐわない場合もあります。レストラン感覚で居酒屋を利用するときにはそういった点を入店時までに確認することが大切です。

望んだおいしい料理だけを食べる方法

特に居酒屋をレストランとして利用するときにはお酒を飲まないことも多く、お通しが不要であると伝えると出さないでもらうことができます。この点は実はお酒を飲む場合でも同様であり、しばしば交渉次第ではお通しを出さないということができます。これはお通しがサービス料を兼ねているという側面があることから、お客をかきいれたいときにはしばしばお通しキャンセルを受け入れてくれるのです。 こうすることによって入店してすぐに口に運べるものはなくなるものの、好きな料理を好きなように頼んで食べることができるようになります。ただし、お店によってはお通しが破格なほどに安くて量もあっておいしいお得なものである場合もあります。内容を聞いたりしてお通しを注文するという感覚で交渉をするとよいでしょう。